U.NEXUS

image

NEWS

「2018年 4月」の記事一覧

自社標準施工へ取り組み【壁材】

2018年04月07日

看板は自立式以外は、ほぼ建物の外壁や屋上に取り付けられます。取り付け方はアンカーボルトやビス留めが主流です。
一概に外壁と言ってもいろいろな種類の壁があります。見ただけでは判断ができない壁も沢山あります、特にタイル等で仕上げてしまった壁は、ALC(軽量気泡コンクリート)かRC(鉄筋コンクリート)か判断がつかない場合があります。分からないまま思い込みで施工をすることはとても危険です、建材を知ることも大切な要素になります。

今回はパット見ただけではコンクリート壁に見える「アスロック(押出成形セメント板)」の施工をする上でどの様な対策をとって施工するかを検討した写真です。

アスロックは内部が中空形状になってます、よく塀に使用されるコンクリートブロック似ています。

 

孔あけ 振動ドリルでは内側が大きく崩れてしまいます、アスロック用のキリを使用してあけます

 

ボルト挿入

 

ITハンガー(リンク先:サンコーテクノ)中空部のセンターに差し込まないとピンが確実に掛かりません

 

止水コーキング ここをしっかりとやらないと内部に水が浸入してしまいます

 

ビスはコーキングを付けてから打ち込み

 

仕上がり このように検証してから施工をしています

 

 

 

 

 

 

枠を越えて:安全活動の課題、売上拡大に向けて

2018年04月07日

サイン・ディスプレー、屋外広告業の業界紙を発行する総合報道が創立60周年を迎え、これを記念した座談会「サイン・ディスプレー業界の将来展望」が開催されました。今回はこの記事をご紹介します、座談会の出席者は広告業に関わる5団体の代表の方です。

少し前までは、他団体が垣根を越えて同じテーマで意見を交換する場は多くなかったように思います。しかしここ数年、屋外広告の安全対策をテーマに官庁と民間でも多く話し合いがもたれるようになりました。これにより各団体が各々に理念に基づく活動する中で得てきた知識や技術を共有できることが、業界全体の活発化を図り魅力ある業界になるのではないでしょか。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください
(足立区以外も可)受付時間:9:00〜17:00

03-3606-5904

メールでのお問い合わせはこちら
  • サインの森
  • 日本サイン協会
ページトップへ